体感力でコピーライティングを鍛える

イキナリですが、こんな滑り台から滑り落ちたら、どんな感じですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、もっとイメージを膨らまします。

滑り台全体に、グリースあるいはメチャメチャ滑りやすいベビーオイルを塗ったとしたら?

 

 

 

 

 

 

おそらく、イメージはこんな状態でしょうか(笑)ノンストップ劇場でしょうね。

 

実は、この滑り台イメージは僕がコピーライティングを書いているときの「イメージ」です。

この「感覚」を、自分の文章を読んでくれる見込み客や読者に重ね合わせるのです。

僕はこれを、「コピーライティングの滑り台効果」と呼んでいます。

 

つまり、こういうことです。

僕の文章を読んでくれる前提で、見込み客や読者が滑り台まで登ってきます。

ひょっとしたら、単なる気まぐれで滑り台まで登ってきたのかもしれませんね。

 

しかし、いったん滑り台に腰を下ろし、滑り出したら…もう最後まで滑り落ちるしかない。

強力なグリースやベビーオイルが、滑りを加速します。

読み出したら最後、滑り切るまで止まれません。

(本当は止まりたい!という意識があったとしても、もう引き返せないというイメージです)

 

あくまで、イメージであって具体的な書き方のスキルなどではありません。

ですが、この「感覚」を持ち合わせているだけで、文章力や想像力が格段にUPするのです。

 

そもそも、あなたのことなど読者は一切興味がない

コピーライティングを学んでいる人にとっては、聞き慣れたフレーズかもしれません。

ですがこのマインドを、深く落とし込めているライターさんは、超一流の方々です。

 

「読者はあなたを信じていない」

このことを前提に、先ほどの「滑り台効果」の「感覚」を文章にねじ込んでいく、そんなイメージです。

 

あなたを信じていない読者が、グリースたっぷり塗られまくった、高~い滑り台を滑り始めたら…

この状況こそ、コピーライティングの舞台です。

コピーライターは、滑り台までやってきたあらゆる読者を、最初に「トン」と軽く背中を押してあげるのです。

 

後は、勝手に「成約」というゴールまで、一直線に「滑り落ちていく」。

この「感覚」を徹底的に、いろんな感情も利用してリアルに体感します。

 

これこそ、マインドセットならぬ、「感覚セット」です。

滑り台の上にいる相手の背中を押すとは?

あなたの事を信用していない。

この前提で、いかにあなたの文書を読ませていくか。

まず、ライティングの大前提を言いますね。

情報発信者が心得ておくべき鉄則①
文章の「第1文」にエネルギーを凝縮し、次の文を読みたい‼と思わせる内容にする。これが、「読者の背中を押す」という行為。

例えば、この記事の「第1文」は、こんな文でした。

 

イキナリですが、こんな滑り台から滑り落ちたら、どんな感じですかね?

 

ポイントは、太字の部分です。もちろん文字が大きくなっているのも一つの効果ですが、

それ以上に、「こんな滑り台から滑り落ちたら」という文に見られる、イメージを掻き立てるような書き方です。

相手にイメージを促すことが、滑り台効果の始まりにふさわしいのです。

 

第1文の目的は、読者に第2文を読まずにはいられない状態にすること。

セールスレターだけでなく、メルマガやブログ、face book などのSNS、そしてYou Tube動画においてでさえ、

この目的は達成されるべきだと僕は考えます。

 

もちろん、最初の文で自分の名前や、あいさつなどを書いたり言ったりすることもあるでしょう。

その場合、そういった「社交辞令的」な文は「第1文」としては除外して考えます。

 

よくいろんなブログ記事を見ると、ただ書き綴った感丸出しの記事内容に出くわします。

そういったものの中にも面白い、個性的な内容の記事もあるのですが、

読み終わった後は「ただ面白かった」で済んでしまうケースが多いです。

(そういう意図だけで作られた記事ならば、特に問題はありませんが…)

 

ですが、僕らコピーライターは、「面白かった」という次元をはるかに超えて、相手の心を

 

状態までにもっていく、そういう強い「感覚」を持ち合わせるべきです。

その勢いのままに、一気に「成約」や、お客様、読者の方との「信頼関係」が構築される、

そういう一連の流れを持つべきであると考えます。

なぜなら、それはあらゆる情報発信内容に通じる「鉄板のパターン」になるからです。

 

まとめ 書く技術の前に必要な、相手を「滑り落とす」という「感覚」を「体感」すること

 

今回は、ライティングの初歩、初期段階のスキル的な話でしたが、

その中にも、「ライティングの感覚」という、理屈や理解よりも「体感」が大切なものがありました。

第1文目から、その感覚はスタートし、成約などの「目的地」まで読者を滑り落とす - という全体イメージです。

 

ちなみに、全体イメージのことを、心理学では「ゲシュタルト」と呼びます。

まずは、ライティングの「ゲシュタルト」を構築して、そこからこのブログで紹介するような、

1つ1つのスキルを、実際のコンテンツに当てはめていければ、集客などは容易に行えると思います。

 

僕も、日々僕のライティング専属コーチ(師匠)に学ぶ日々です。

僕自身が、師匠の「滑り台」に知らず知らず引き込まれている感じです(笑)。

たくさん学んで、もっともっとたくさんの人にシェアしながら、

理想の未来に向かって、一緒に進んでいければなと。

 

最後までお読みいただき、いや、滑り切っていただき(笑)ありがとうございました‼

それでは、また次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事